contents_title

TOPページ > 賃貸と売買の違い

賃貸物件に住むか、物件を購入するか、30代~40代になると考えさせられることもあるかと思います。
賃貸物件にも、物件購入にもそれぞれのメリットがあります。
こちらでは、賃貸物件と物件購入の比較をしていきたいと思います。

住宅購入

賃貸物件か、購入物件かを比較する時に一番のポイントとなるのが、現在の年齢です。
現在の年齢によっても、賃貸の方が良いのか、物件購入の方が良いのか変わってきます。

 

例《30代の場合》
30代は、20代と比べ、家族構成もほぼ決まっていて、将来の見通しがついてくる方も多い年齢です。
住宅にかける金額や、住みたい場所、お子様の学校などを検討しておきたい時期でもあります。
特にお子様がいるご家庭は、小・中学校だけではなく、高校や大学など、学校にかかる費用もある程度計画していかなければなりません。
更に、夫婦揃って今後も働いていくのか、なども検討の範囲内になってくると思います。
様々な状況を検討した上で物件購入の計画をしましょう。

 

では、30代で物件を購入した場合について考えていきましょう。
物件を購入する際にかかる費用は、「物件価格」「頭金」「諸費用」が必要となります。
更に、物件購入の際に住宅ローンを組む場合は、「金利」なども発生します。
金利を含めた金額で、何年ローンを組むかを考えなければなりません。

賃貸と売買の違い

 

例えば、60歳までの返済だとすると、30年ローンを組むことになります。
物件価格や金利を含めた金額を30年で返済するためには、月々の支払いがいくらなのかを計算し、余裕を持って生活ができるかを十分に考える必要があります。
30年返済し続けるのですから、慎重に計画しなければなりません。
更に、年に1度支払わなければならない、固定資産税や都市計画税なども検討内に入れると良いでしょう。

 

また、住宅には劣化や寿命もあります。
住宅のどこの部分が何年で寿命がきて、何年で取り替えが必要なのかも一緒に考える必要があります。
それらを全て検討し、きちんと計画した上で住宅購入を検討することをおすすめ致します。

賃貸物件

賃貸物件のメリットとしてあげられるのが、長年返済し続けなければならない住宅ローンの重圧がないという点と、頭金や諸費用などの手元から出る出費がないこと、また、いつでも気軽に引越しができる、修繕部分が発生しても大家さん負担と、気軽な気持ちで住めることが賃貸の魅力です。

 

また、物件購入か、賃貸物件かと検討する時に一番のポイントになるのが、支払い額です。
売買の場合、上記のように、住宅ローンや金利などを計算した上で支払い額を計算していかなければなりません。
しかし、賃貸物件の場合、毎月の家賃分の計画だけで済むため、気軽に計画が立てやすいというのもメリットではないでしょうか。

 

賃貸と売買のどちらがお得か?と思っている方は、一度計算してみるとどちらが家庭の環境にぴったりなのかが見えてくるのではないでしょうか。
きちんと計算をした上で、十分にご検討されてください。


当社は、三木市に所在する不動産会社です。
主に小野、西脇、三木市、加東市付近の物件を取り扱っております。店舗には、加東、小野、西脇エリアからもアクセスがとても便利です。
賃貸物件や売買物件をお探しの方は、一度当社をご利用ください。
お客様の要望に合ったお部屋をご提供いたします。


Copyright © 2014 Goodline Housing Co.,Ltd. All Rights Reserved