contents_title

TOPページ > 賃貸住宅にかかるお金の話

新しく家を借りる

進学・就職・転勤などで、新生活を始める方が最初に取り組むのが「住まい探し」です。一人暮らしであれば、自分のライフスタイルを中心に、家賃などの条件を基に不動産会社を回ると素敵なお部屋を探すことができます。

では、新しく部屋を契約する際に必要なお金はどのくらいかかるのか、把握しているでしょうか。
家賃や間取りなどに注目して部屋を選ぶ中で、初期費用について考えるタイミングを逃してしまいがちです。

必要経費がどれくらいかかるかを、しっかり把握しておきましょう。

敷金とは

その部屋を退去するときに、部屋を汚したり壊したりしてしまった箇所がある場合、その修繕に当てるための担保金のことです。住人が退去した部屋は、修繕やクリーニングを施して、次に入居する人へ綺麗な状態で借りてもらうために必要な費用です。きちんと整備された部屋に入居できるのは、前に住んでいた人の敷金によってメンテナンスが行われたことになります。

家賃の1~3ヶ月分が必要な物件から、敷金なしで入居できる物件まであります。

礼金とは

特に地域によっても異なりますが、礼金は一種の風習のようなものです。

大家さんに対してのお礼金と認識して良いでしょう。
だいたい1~3か月分と、敷金と同じ程度で設定されていることが多いのですが、中には礼金なしの物件もあります。

仲介手数料とは

ほとんどの大家さんが、管理や賃貸に関する仲介手続きを不動産会社に依頼しています。

仲介手数料とは、不動産会社を通して部屋を借りる場合、契約成立を仲介してくれた手数料として発生する金額です。
これは、賃貸だけではなく不動産売買に際しても発生する金額です。

1か月分とわかりやすく表記している場合や物件情報とは別で掲示している場合がありますので、仲介手数料の有無を確認することをおすすめします。

共益費とは

その物件(建物)に住んでいる人の共用スペースや設備の維持と管理のために発生する金額のことです。
代表的な部分は、外灯・エレベータ・エントランスホール・廊下などです。

敷金・礼金・仲介手数料は、「家賃の何か月分」として算出されることが多いため、家賃に共益費が込みなのか否かで、金額が違ってきます。

地域NO.1

当社では、加東市・三木市・小野市・西脇市の住まい探しを、地元出身スタッフが担当します。
地元のことを知っているからこそサポートできることがあります。

お部屋探しをしている方だけでなく、空室を魅力的にアピールしていきたいとお考えの家主様からのご相談もお待ちいたしております。


Copyright © 2014 Goodline Housing Co.,Ltd. All Rights Reserved