contents_title

TOPページ > ライフスタイルと方角

どこ向きであるか

お部屋探しをするとき、方角について疑問に感じたことはないでしょうか。

「全戸南向きの素敵なお部屋」というような、目立つキャッチフレーズの賃貸物件を見かけることがあるのではないでしょうか。では、部屋のどこが南を向いていることを「南向き」と呼ぶのでしょうか。玄関やキッチンなど特定の場所の方角ではなく、生活の中心となる面積の大きい場所(部屋)の窓が向いている方角を表していると考えて良いでしょう。

そのほとんどがリビングになってくるとは思いますが、リビングがなくキッチンの隣の和室がメインとなる物件もあったりします。その物件がどの方角を向いているかで、光の取り入れ方に特徴があります。自分のライフスタイルをイメージして、どの方角に向いている部屋を探すと光を感じられる生活ができるかを判断基準にしてみると良いでしょう。


  • 南向き

    日本の環境に一番適しているといわれ、人気があるのが南向きの部屋です。地学的な見解では、北半球に位置している日本は、東から昇った太陽は南よりを通って西に沈んでいきます。そのため、南向きの部屋は一日のほとんど、太陽を感じながら生活ができるということになります。

    専業主婦の方、赤ちゃんのいる家族、日中はずっと家にいるという方、太陽の日差しを浴びていたい方には非常におすすめです。また、夏の暑い時期には朝日と夕日が直接的に入ら、涼しい南風を取り込むことができます。そして、冬の寒さを倍増させる北風も直接入ってこないため、一年を通して理想的な環境であるとされているのです。

  • 東向き

    太陽が昇る東を向いていると、朝日を浴びて一日のスタートを切ることができます。お昼に太陽が昇りきってしまうと、逆に太陽は見えなくなってしまいますが、涼しい朝のうちだけ日差しが入るのはペットのいる部屋には嬉しい条件です。

    学校や仕事で、朝しかゆっくりできる時間のないライフスタイルの方は、部屋にいるときに思いっきり太陽の日差しを浴びてエネルギーをチャージして、一日を元気に過ごすことができるのではないでしょうか。

  • 西向き

    夜勤などで、昼ごろまでを睡眠時間にしているという方は、活動し始める昼過ぎから日差しが差し込む西向きのお部屋が良いのではないでしょうか。

    冬場は夕方まで日が差し込むため、暖房を使用しなくても夕日の暖かさで過ごせることもあるでしょう。
    西にあるベランダやお庭なら、昼ごろから日が暮れるまで日照が続くため、洗濯物を乾かすにはピッタリの方角です。

  • 北向き

    生活の場として一番人気のである南とは逆方角だということもあり、不動産会社によってはリーズナブルな家賃を設定されていることが多い傾向にあります。だからといって需要がないわけではなく、実はアトリエとして最適な方角なのです。

    集中して室内で作業をしたい場合、一日を通して日照の影響を受けにくい北向きが最適であるといえます。また、エアコンや室内照明にこだわって生活している人にとっては、日照の影響とお部屋選びは比例しないため、アーティスティックなライフスタイルの方におすすめなのです。

日当たり良好物件

太陽のイメージイラスト 西脇市・小野市・加東市・三木市の不動産物件を取り扱っている当社では、日当たり良好な物件を多数紹介しています。

日当たりは、良い物件や不動産の条件の一つとして、こだわっている方も多くいらっしゃいます。

物件ごとの詳細情報などを基にして、一人ひとりのライフスタイルに合う物件探しをお手伝いします。


Copyright © 2014 Goodline Housing Co.,Ltd. All Rights Reserved